パッケージ開発

HOME | 商品カテゴリー | パッケージ開発

 
 
 
  
   
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
  
 
  
 
 
 
 

2017年度 グッドデザイン賞受賞 熱絞り紙容器(まゆ玉型)

 

 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
  
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 

新開発パッケージの発表として展示会に出展 東京ギフトショーにて

 

 

 

 
 

紙器技術を利用した製品開発を推進

日々の紙器生産の技術を生かし、独創的な新規性のある開発を行っており、現在複数に渡る知的財産の創造にも注力しております。
日々、顧客の成し得なかった問題点を改善したり、販売数量、生産能力を上げるための努力に今後も注力して行きます。 
   
 
 
 
 

DEVELOPMENT PRODUCTS

/ 開発製品(一般開発と知的財産創造)の一部ご紹介

 

 
 

ペーパーフェイスシールド

コロナ禍で紙器製造技術を応用し、飛沫から顔を
ガードする使い捨てペーパーフェイスシールドを
開発。

 
●組み立てが簡単!
●使い捨てなので衛生的です。
●顔からシールドとの感覚を2段階で調整可能。
●顔のサイズも5段階で調整できます。
●捨てる時には紙とフィルムを分別できます。
●国産原材料を使用し自社で製造しています。
 

 
 

熱絞り紙容器

プラスチックを含まない
紙製の多曲面パッケージ。

一枚のプラスチックを含まない板紙を金型で熱プレスし、ほぼ垂直に近い状態で深く絞って成形する技法。四角いパッケージが大半を占める業界で曲面を描く技術特許を創造した紙製の開発パッケージ。厚い板紙を通常の成形方法ではしわが発生するところを極めてしわが目立たない成形技術を投入したメイドインジャパンのオンリーワンパッケージ。 板紙を金型で熱絞りする技術特許は板紙単判プレス技術として持続可能なマイクロプラスチック(MP)、脱プラ問題の紙素材加工業界における代替技術解決策の一つに成り得るのか。

 2017年度グッドデザイン賞受賞  < 特許認証済み>
 
 
 
 
 
<グッドデザイン賞 審査員コメント>
紙成形の手法は多く存在しますが、このパッケージのエッジの美しさ、展開性は素晴らしいと思いました。紙パッケージがこのようなテクノロジーによって進化し続けてほしいと思います。
 
製法特許認証
<発明者>
アイパックス イケタニ株式会社 金指恵司(カネザシケイジ)
蔵前産業株式会社 大原康弘(オオハラ ヤスヒロ) 
2社共同出願。 
 

 
 

ドームカン


 
2013年 静岡県地域産業総合支援事業認証。
2013年 世界的フローリストのプロデュースするレクサスカタログにてプリザーブドフラワー用として利用される。
2013年 プリザーブドフラワー第一人者であるメーカーのプリザーブドフラワー用に利用される。
2014年 (株)みて 森口氏によるプロディースでヨーロッパを始め中東などで伊勢茶を入れ販売が始まる。
2015年 ワシントンDC日本大使館にて天皇陛下誕生レセプションにて各国の要人に配布
2016年 伊勢志摩サミットにて伊勢茶を世界にアピールするパッケージとしてデザインプロデュース。
紙管容器のトップにドーム状のPETを装着した。独特なフェイスを表現することができる。アイキャッチ効果のある紙管容器。フタの形状は丸型が主体だがハート、星型も保有。各種直径サイズ型保有。世界的著名なフローリスト、その他アパレル企業ブランドより指定を受ける。2015年、ワシントンDCの日本大使館にて開催された天皇陛下誕生レセプションで伊勢茶を入れ各国の要人に配布。2016年伊勢志摩サミットで三重県の伊勢茶を世界中に紹介するパッケージとして唯一となり、外務省及び三重県サミット指定マークを付け公式採用。各国の要人が持ち帰られました。またプレス各社に配布されドームカンが世界中に配信された。業界内における紙管タイプパッケージの中で唯一独特な雰囲気を演出するオンリーワンパッケージ。
<特許認証済み> 
 
伊勢志摩サミット用に製造されたドームカン

 
 

フレームインボックス

厚めなPET製のフタをスライドして装着させることにより、多彩なフェイス表現が可能なシステムボックス。四角形なギフトパッケージの顔を引立たせる大きなPET製フタが平滑性、そして輝きのある美しさ、傷防止による他との圧倒的な差をつける。6mmの凹凸を外、内側向きと自由方向に装着させることができ、見方によってはガラスの様なフェイスとなり、パッケージによって、より商品を引立たせるためのギフトボックス提案。特にフタ部分にスライド装着できる紙パネルにカッティングを自由に設計することが可能で、それによって数々のドラマをパッケージフェイスに表現できる。四角いギフトパッケージに創造力を。
<特許認証済み>
 
 
 

 

 
 

ヒートシールインボックス

 
 
熱で封印するパッケージ。板紙の裏面に特殊な食品対応ニスを全面塗布。裏面と裏面同しを合わせて熱を加えると接着する。代表的な形は牛乳パックタイプ。このシステムによりパッケージにおけるプロダクト化の幅を広げる。店頭やバックヤードで簡易熱シール機にて瞬間封印。両面テープや、シール止めは必要無い。簡易シーラーの市場価格は約3万円~6万円前後。このシステムによりパッケージデザイナーのプロダクト思考に不可能だと思われた形状が可能となり、プロダクト設計の自由度を広げた。現在、自動充填させるライン機械化を推進中。機械コストは初期投資で掛かるが、そのあとの作業、付帯品の軽減など総合的なコストダウンが予測される。アイデアしだいで視野が広がるパッケージ。熱でヒートシールさせ、紙器メーカーで利用されるサックマシンの糊でも市場で疑似接着しない板紙パッケージの汎用販売は他にはない。 (液体、粉物での直接利用は不可。両面から熱のでるシーラーで約1秒で接着可能) 
<特許認証済み> 
 
 

 

 
 

ペーパークリアーインボックス

透明なPETクリアーボードに特殊な製法でPET不織布を貼りつけ和紙を貼ったような感覚を表現した。和風はもとより洋風にも合う。また手触り感も紙のような存在感のある手触り感を表現。プラスチック素材メーカーとパッケージ化が可能なプラスチック板を共同開発。中の商品が薄らと見え隠れするディティール表現がデザインポイント。パッケージクリアケース業界に新たなスタンダード。プラスチック素材に和と温もりが融合する新パッケージ!プレゼンはプラスチックなのに社内のインクジェットプリンターで簡易的に印刷ができるため迅速に対応できる。今後の展開としてパッケージのみならず、内装、ディスプレイ、電飾のカバー、成形トレーなどを開発して行く。
<特許申請中 素材特許メーカー取得済み>
 

 

 
 

シュリンクインボード

紙台紙にシュリンクフィルムを装着
シュリンク台紙にバックオープンと
ボックスインの機能を付加。

シュリンクインボード    Shrink in Board  
当社視点でのシュリンクインボード(シュリンク台紙)を開発。商品セットまでのアッセンブリ事業も請け負う。熱シュリンクされた商品に接着された板紙台紙が安定した陳列とつり下げ、宣伝効果を付加するもの。バックオープンとボックスインタイプ等に特許認証される。
<2件の特許認証> 
 

 

 
 

 
 

 
 

2017年度 グッドデザイン賞 ユニット別 審査員報告会にて
グッドデザイン賞 審査員コメント>
紙成形の手法は多く存在しますが、このパッケージのエッジの美しさ、展開性は素晴らしいと思いました。
紙パッケージがこのようなテクノロジーによって進化し続けてほしいと思います。
 

 

 

 
ご紹介致しました開発知的財産パッケージは当社開発製品の一部です。
今後の新たな開発もお客様と共に創造し、共に成長したいと考えます。
ハイスピードで生産する工場ラインパッケージを高品質、安定生産することは基より、
世に存在しない価値の創造で社会に貢献することも私達の幸せです。
 
パッケージのできること・・・。
 

 
 
ONLINE MEETINGS
パッケージへのオンラインでのお問合せ
 

 

パッケージに関するオンラインでのご相談・製品説明承ります。
(基本zoom利用となります。)
 お問い合せフォーム(CONTACT) よりご依頼ください。
 
 
 
 

 

 
 

 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

   
 
 
アイパックス イケタニ ISO認証

ISO9001認証 JQA-QM5318

品質マネジメントの国際規格

 
ISO 9001は品質マネジメントシステムに関する国際規格です。最も普及しているマネジメントシステム規格であり、全世界で170ヵ国以上、100万以上の組織が利用しています。 
 

認証取得の効果

  • 業務効率の改善や組織体制の強化
  • 法令順守(コンプライアンス)の推進
  • 仕事の見える化による業務継承の円滑化
  • KPI(キーパフォーマンス指標)の管理
  • リスクマネジメント
  • 継続的な改善による企業価値の向上
  • 海外企業を含む取引要件の達成
  • 品質保証による社会的信頼や顧客満足の向上
  
 
 
アイパックス イケタニ FSC

 

FSC®-C140872

FSC®は、将来世代のために森を大切にするお手伝いをします

 
FSC®認証は環境、社会、経済の便益に適い、きちんと管理された森林からの製品を目に見える形で消費者に届け、それにより経済的利益を生産者に還元する仕組みです。FSC®認証は、森林の管理を認証するFM(Forest Management)認証と、加工・流通過程の管理を認証するCoC(Chain of Custody)認証の連鎖から成り立っています。FSC®認証製品が消費者の手に届くまでには、原則として森林から最終製品になるまでの生産、加工、流通に関わるすべての組織が認証を受けなくてはなりません。 

 

 

抗菌印刷

抗菌効果と安全性を証明する
「SIAAマーク」
登録番号:JP0122630A0001Q

 
SIAAマークとはSIAA(抗菌製品技術協議会)とは、適正で安心できる抗菌加工製品の普及を目的とし、抗菌剤・抗菌加工製品のメーカー、試験機関が集まってできた団体です。業界だけでなく、消費者代表、専門家および行政などの幅広い意見を聞きながら、抗菌加工製品に求められる品質や安全性に関するルールを整備し、かつそのルールに適合した製品の安心のシンボルSIAAマーク表示を認めています。
 

 

グッドデザイン賞受賞

2017年度 2019年度

 
2017年パッケージ単体にて開発した「熱絞り紙容器」がグッドデザイン賞を受賞。2019年社会貢献カテゴリーにて日本助産師会からの提言によりペリネイタルロスの問題解決にパッケージ技術を利用しプロデュースした「ともいる」がグッドデザイン賞受賞。グッドデザイン賞は、デザインによって私たちの暮らしや社会をよりよくしていくための活動です。1957年の開始以来、シンボルマークの「Gマーク」とともに広く親しまれてきました。グッドデザイン賞は、製品、建築、ソフトウェア、システム、サービスなど、私たちを取りまくさまざまなものごとに贈られます。かたちのある無しにかかわらず、人が何らかの理想や目的を果たすために築いたものごとをデザインととらえ、その質を評価・顕彰しています。

MAP

/ 本社・事業所・営業所マップ         引用:グーグル・マップ

本社・西富士事業所

〒418-0112 静岡県富士宮市北山5260
本社/西富士事業所 /営業部/製造部/  (板紙パッケージ製造工場) 
本社:TEL 0544-59-0111 FAX 0544-59-0123
西富士事業所:TEL 0544-59-0011 FAX 0544-59-0123
 

 
 
 

甲府事業所

〒409-3813 山梨県中央市一町畑751
甲府事業所 /営業部/製造部/ (板紙パッケージ製造工場)
TEL 055-273-1511 FAX 055-273-4785
 

 
 
  

山宮事業所(段ボールケース製造工場)

〒418-0111 静岡県富士宮市山宮2215
山宮事業所 /営業部/製造部/ (段ボールケース製造工場) 
TEL 0544-58-2511 FAX 0544-58-2513
 

 
 
 

東京営業所

〒101-0031 東京都千代田区東神田1-1-3  
       ウィルローズ小伝馬町 1103号室
              (板紙パッケージ/段ボールケース営業)
TEL 03-5825-4111 FAX 03-5825-4164 
 

 
  


海外関連会社

アイパックス ベトナム
IPAX VIETNAM COMPANY LIMITED       

 

アイパックス シンガポール
IPAX SINGAPORE COMPANY LIMITED